Minimal Chocolate UX note
Minimalが考える「ウェルビーイング」とチョコレート。
見出し画像

Minimalが考える「ウェルビーイング」とチョコレート。

Minimal Chocolate UX note

近年、「ハピネス(幸福)」という用語とともに、「ウェルビーイング(良い状態)」という言葉が使われるシーンが増えてきました。
ハピネスが「短期的な幸福感」を表すのに対し、ウェルビーイングは「長期的な持続可能性」を視野に入れている点が大きな違いになります。
 
今回、Minimalの取り組みを「ウェルビーイング」の観点から振り返り、チョコレートを通して人や社会にできることを考えていきたいと思います。

ウェルビーイングを構成する、3つの側面。

「ウェルビーイング=良い状態」の定義について、よく引用されるのが世界保健機関(WHO)憲章の前文の一節です。

「健康とは、病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態(well-being)にあることをいいます(日本WHO協会:訳)」

「ウェルビーイング=良い状態」と言っても、その解釈は幅広いのですが、3つの側面(※)から説明されています。

1つめは、心身の健康を良く保つ「医学的」側面。
2つめは、瞬間的な快感など主観的な感情を良く保つ「快楽主義的」側面。
3つめは、生きがいを感じて人生を良く保つ「持続的」側面。

※ 科学技術振興機構社会技術研究開発センターが推進する「日本的Wellbeingを促進する情報技術のためのガイドラインの策定と普及」プロジェクトよりhttps://www.jst.go.jp/ristex/hite/community/project000081.html

Minimalが提供する「食」の世界は、この3つの点に大きな影響を及ぼします。

たとえば、食事をとることの第一義は「栄養摂取」にあり、1つめの心身の健康を良く保つ土台になります。

さらに、「おいしい」という快感や、仲間や家族と食卓を囲む満足感は、2つめの幸せにつながりやすいものです。
その上で、食糧生産は地球環境にも経済問題にも直結し、利己的な態度では持続可能性が損なわれ、3つめの長期的な幸せにつながりません。

Minimalの活動はウェルビーイングの要件をすべて満たしている、と言いたいところですが、正直なところ、まだ道半ばです。
それでも、ここまではできている、という現状をしっかりお伝えしながら、少しずつ「良い状態にしていくプロセス」を一緒に楽しんでいけたらと思っています。

カカオというスーパーフードで、健康に貢献する。

チョコレートは、カカオという南国フルーツを主原料にしています。
カカオは、栄養価に優れた「スーパーフード」に認定されており、体に嬉しい効果が期待されています。
 
詳しくはこちらの記事にまとめていますので、ご覧ください。

Minimalでは、カカオという素材を活かすため、最小限の材料のみでチョコレートをおつくりしています。
香料や着色料はもちろん不使用。余分なものを入れない“安心感”や、職人が手づくりする“嗜好品”は、心身ともに健康なウェルビーイングをもたらします。

UX観点その1:健康と美味しさで心身が共に満たさせる体験を目指す
Minimalで販売しているカカオニブは、たべやすい味わいのカカオ豆をセレクトして、そのまま食べてもおいしいを目指して焙煎をオリジナルレシピにしています。栄養価ももちろん大事ですが、お客さまの体験として食べて美味しいと言うことを非常に重要視しており、心身ともにウェルビーイングの状態を手助けしたいと思っています。

カカオの香りで、気分を変える。

Minimalが創業時から着目したのが、カカオの個性豊かな「香り」でした。
カカオは産地や品種ごとにまったく異なる香りを持っています。その個性を際立たせる造り方を大事にしてきました。
 
香りは、感情を司る「大脳辺縁系」や、自律神経を司る「視床下部」に伝わり、ホルモンバランスや自律神経や免疫力を整える働きがあります。
カカオの香りが強く醸し出されることで、栄養価やおいしいという価値に加え、気分や感情に働きかける効用が見込めます。
 
Minimalのチョコレートは、ひとかけらで芳醇で豊かな香りを感じられることで、日常の「気分を変える」使い方ができます。
また、香りがもたらす新鮮な驚きは、人と一緒に食べたときの会話が生まれやすい効果もあります。
 
一人で食べるときは「自分の機嫌を自分でとる」。
みんなで食べるときは「時間を豊かにする」。
それが、ウェルビーイングなチョコレートというMinimalが捉える新たな「嗜好品」の姿です。

UX観点その2:ひとかけらで気分を変える
はっとする香り、落ち着く香り。香りは気分を切り替える時に良い効果があります。Minimalのチョコレートは香りを非常に大事にして、最大限に引き出すレシピでつくっています。その香りを活かして、食べる方が自分の機嫌を自分でとるきっかけに慣れれば、ウェルビーイングを高める一助になると思います。

生産者と生活者の双方に優しいチョコレート。幸せの循環をつくる

Minimalでは、世界中のカカオ生産者を直接訪ねて親交を深め、生産者とともにチョコレートづくりに向き合ってきました。
 
そのため、良質なカカオを生産する農家には、市場価格よりも高く値付けをし、正当な報酬をお支払いしています。
これは「フェアトレード」という以前に、お互いの信頼関係を築くために重要なことであり、ごく自然なことでもあります。

Minimalの活動を持続可能にするためにも、生産者の生活を守る視点は欠かせません。
チョコレートを召し上がったお客さまが満足していただきながら、カカオ生産者にも還元できる、関わる人全てが幸せになるような循環をつくる事に努力しています。

また、チョコレート製造の際に廃棄されるカカオハスク(豆殻)を、鶏卵専門農場に飼料として提供し、そこで育った鶏のたまごを使ったスイーツ「カカオたまごのプリン」を富ヶ谷本店限定で開発するアップサイクルの試みも始めています。

Minimalで働く人にとっても、ウェルビーイングな職場であることを目指して。

例えば、パティシエ・ショコラティエの働き方について。

業界では、独立するかシェフにならない限り、給与は頭打ちしてしまうことがほとんど。そのため、やりがいを持って取り組んでいても、30〜40代でキャリアを諦める人も多いのが現状です。

Minimalでは、経験と技術のある職人たちが、長く生き生きと働き続けられる仕組みを考えます。
それは、シェフパティシエをおいてトップダウンで動くチームではなく、メンバーそれぞれが新商品開発などの打席に立ち、チームでチョコレートやスイーツをつくることです。

レベルの高い職人たちがチームでつながれば、有機的に作用し合っていいものをどんどんつくり出していけます。そしてブランドは成長し続けられるし、給与を上げていくことができます。

UX観点その3:幸せの循環に加わる
食べて幸せな気持ちにナルという直接な効用のみならず、食べるカカオ豆を通して、その先にいる生産者の顔がみえたり、食べるという行為が生産者の幸せをつくると考えると、お腹だけではなく、心も満たされていくのではないでしょうか。Minimalのチョコレートはそんな幸せの循環をつくりたいとおもってつくっています。ぜひチョコレートを食べて幸せの循環の輪に加わってみて下さい。

「自分の機嫌を自分でとる」を、具現化するアイテム。7days chocolate。

さて、「ウェルビーイング」の観点からMinimalの取り組みに迫ってみましたが、いかがでしたでしょうか?
 
Minimalでは、「気分を変える」チョコレートというコンセプトをお気軽に体感いただけるトライアルセットをご用意しています。

オンラインストア限定、ご購入は「お1人様おひとつ・1回まで」となっていますので、ぜひお試しください。
 
また、現在発売中の『ソトコト7月号』にて、Minimal代表・山下が「ウェルビーイングを感じる本」としてブックガイドを寄稿しています。よろしければぜひご覧ください。

最新情報を公式SNSで発信中!

Minimalの新商品や季節のおすすめなどを毎日発信しています。よろしければフォローしてください。

🍫LINEアカウント
🍫Instagram
🍫Twitter
🍫Facebookページ

*限定商品やコラボ商品は、公式LINEアカウントから発売開始同時にゲットできるので、ぜひご登録ください。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Minimal Chocolate UX note
Minimal(ミニマル)は日本発のスペシャルティチョコレート専門店。世界中の産地から仕入れたカカオから、職人が手づくりするチョコレートは国際品評会で6年連続・69賞を受賞。「MinimalのUX」をテーマに、私達が目指す最高の顧客体験への試行錯誤の軌跡を具体例を交え紹介します。